小説ブッダ―いにしえの道、白い雲

数年前、既存の仏教に対する疑問から、ブッダは何を悟ったのか、なぜ修行をしたのか、何を伝えたかったのかを知りたくなった。

中村元さんをはじめ、スマナサーラー長老などブッタのことが書いてある本を中心に少し本を読んだ。

そしてヴィパッサナー瞑想を知り、瞑想会にも参加した。

ティク・ナット・ハン師の「小説ブッダ―いにしえの道、白い雲 」には当時私が知りたかったことのすべてが書かれている。

小説形式で書かれているが、ブッダの教えや瞑想法が丁寧に紹介されている。

そして何よりブッダを神格化していないことが素晴らしい。

一人の人間ブッダが悟りを得て、その教えを真摯に人に伝えていく様子が手に取るようにわかる。

この本を読んでいる間、気持ちはいつも満たされていた。446ページ2段組が少しも長く感じない満たされた時間。

この本は後何度か読み返すだろう。ブッダそのものを知るための最高の一冊だと思った。

3127a8ecmal__sl500_aa240_

Comments are closed.

Post Navigation