三余

三余(さんよ)とは「冬は年の余り,夜は日の余り,雨は時の余り」で、その余りの時間を大切に過ごしなさいと言う教え。
これは、10年ほど前、熊野出会いの里の麻野吉男さんに教えて頂いた言葉。
百姓であるご自身が、この三余をどう大切にしているかを話して下さった。
仕事をしているのは当たり前、その余った時間をどう過ごすのかがとても大切で、自分自身の方向を決めるのだと教えて頂いた。

コロナウィルスで仕事やイベントがキャンセルになり、予定が空白に合っていくのを見ていてこの「三余」の言葉を思い出した。
この時間をどう使うか、災いが与えてくれた時間を、恵みの時間に変えるにはどうするのか。

幸い手元に奥山 淳志著「庭とエスキース」という素晴らしい本がある。出版社も大好きなみすず書房だ。
この本は、先日訪れた郡山のとほんさんで紹介してもらったもので、掲載されている写真が私の好みではないかというのが推薦の理由だ。写真も好みなら、文章もすごく素晴らしい。さすがに私の本のホームドクターだけのことはある。とほんさんに感謝。
表紙の写真がタルコフスキーのノスタルジアを想起させることも嬉しい。

写真家である奧山さんが、北海道の新十津川町の「弁造さん」を訪ねて写真を撮り、聞いた話しを書き綴ったものである。「弁造さん」の百姓としての思い、自給自足での生活、そのための庭造り、そして夢として持ち続けた画家への思いが端正な透明な言葉で書かれている。

この表紙の写真を見たとき、この写真にはシャッター音の静かなカメラがいる、ローライフレックスで撮影したのではないかと感じた。それほど静けさと優しさを感じさせる写真だ。
一気に読んでしまいたい衝動を抑えて、紙の質感を感じながら丁寧にページをめくる。久しぶりに「本を読む」ことの素晴らしさを感じさせてくれる本と出合えた。
ここ最近、本を丁寧に読むということを忘れていた。情報としての本ではなくて、「本を味わう」ことにコロナウィルスで出来た余白を使おう。

写真左側は以前クーネルに紹介されたタルコフスキーのポラロイド写真、右側は、「庭とエスキース」。しかしみすず書房は本の造りがいい。


三世

昭和を30年、平成を30年生きた。バブルの時代に大阪で働いていた私は、この国の急激な興亡を目の当たりにした。平成に入りグローバル化の波が押し寄せて、世界での自分の順位が分かるようになり、SNSは極端な不安と少しの利便性を私に与えてくれた。


商品価値が至上となり、地域のイベントや神事さえも経済の中に組み込まれ、すべてが商品として価値があるかどうかで判断され、装われるように私には思われた。


熱狂の昭和から苦悶の平成を経て、令和を迎えた。

令和元年の初日、やさしい恵みの雨が降っている。

冷静で穏やかな、そして新しい価値観が創造される年になればいいと思う。

人類が人類の知恵によって作り出してきた、人類の価値観の結晶である現在に、息苦しさを感じるのなら、違う価値観を創造するのも、人類にしかできないことなのだろう。

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように

生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように

生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように

「慈悲の瞑想」の言葉と共に私の令和が始まった。