Author Archives: Nobu

雑賀崎

1月の日曜日、和歌山へ車を走らせた。

入り組んだ路地と山と海に挟まれた集落。

京奈和道のお陰で和歌山が近くなった。

 

 梅雨の沖縄

疲れている自分が行ったからなのか、梅雨入りした沖縄はどこか疲れの色が見えた。

目立つのはイオンばかりで、新しい建物も少なく、数十年前と変わらない表情をしているように思えた。

 

 

ゴールデンウィーク最終日

5月の陰影は、どこかに梅雨空と夏の暑さを含んでいる。