Category Archives: Essay

碧空の尽きる場所

秋は空が高く雲一つない日がある。

李白の詩に

『故人西の方 黄鶴楼を辞し
煙花三月 揚州に下る
孤帆遠影 碧空に尽き
唯見る 長江の天際に流るるを』
というのがある。

秋、雲一つない空を見ていると、いつもこの詩が思い出される。

碧空の尽きる場所とはどんなところだろう。

この日は、雲一つない晴天

r0010.jpg

夕方まで雲を見ることが無かった。

r0010557.jpg

秋の夕暮れ

秋の夕暮れは一際美しい。

r0010493.jpg

r0010490_edited-1.jpg

r0010502.jpg

日が暮れ、稜線の茜色も消えかけるとき、家々の窓に薄明かりが灯っていることに気が付く。

ふと、人恋しい自分に出会う。

天響祭

天響祭に友人が出演するので、雨上がりの明日香へと出掛けました。

和太鼓の演奏を披露する場としての天響祭で、友人のユニット「TERPSICHORE」は異彩でした。

dsc02708.jpg

友人の夢に現れた神と踊り子、龍と霊力の物語を太鼓、横笛、声楽そして踊りで表現しています。

dsc02650.jpg

 dsc02787_1.jpg

最後に踊り子の姿を借りた神は、この地で満たします。

dsc02805_edited-2.jpg

dsc02808.jpg

明日香の地に相応しく、天と地の依り代としての芸能を感じました。

しかしこの友人、普段は大人く、エネルギーも強くは感じさせないのに、舞踏や太鼓をさせると、突然人が変わった見たいに、表現者としての身体になります。う~ん、やっぱり神の依り代なんでしょうね。

この神様が頭に着けているヘッドドレスは友人のpanaさんの渾身の手作り作品です。詳細は panaさんのブログをご覧下さい。

石牟礼道子に「祈るべき天と思えど天の病む」という歌があります。
天もまた、地の有り様によって、病んでしまう。
祈るべき天の病むことのないように、私たちもまた、祈らなければならないのかもしれません。