Author Archives: Nobu

LOVE&PEACE PEACE PEACE

奈良市内の仕事を終わらせて、友人おすすめのコーヒーショップに。

ともかく、理屈抜きにコーヒーが美味しい。

香りが高く、飲み進むとゆっくりと上品な酸味に変化する。

今から30年ほど前、大阪には美味しいコーヒーを飲ませる店がたくさんあった。
大阪のある店のオーナーに可愛がって頂いて、コーヒーのことを教わった。

現在、奈良や大阪に本気でコーヒーのことを考えて、一杯のコーヒーに心を込めて淹れているお店がどれほどあるだろうか。

久しぶりに美味しいコーヒーを味わうことの至福の時間を取り戻せた。

お店の名は「PEACE PEACE PEACE」

詳しい情報は、素敵なオーナーのブログからどうぞ

r0011421

このお店は、コーヒー以外にもすべてのものがとびきりに美味しい。

さくさく、バターたっぷりのトースト。ロールケーキなど。

お店を訪れるお客様に対する思いがことのほか深い。

LOVE&PEACE PEACE PEACE

このお店が近くにあればと、ため息をついた。

お店を出て、友人Panaちゃんの小屋に案内してもらった。

r0011461

 木津川に近くあるこの小屋の紹介はまた後日。

気がつけば年の瀬の空が暮れかけていた。

久しぶりにゆっくりとした気持ちと時間を持つことができました。PanaちゃんとPEACE PEACE PEACEのオーナーに感謝します。

 

r0011500_edited-1

自分を見つめ直すための108のヒント

橿原アルルに大きな書店が出来たのでタゴールの詩集を買いに出掛けた。

しかしタゴールの本は少なく、詩集の棚を見ているとこの「自分を見つめ直すための108のヒント」が目に入った。

何気なく手に取り読んでいると、言葉の一ずつがスッと心に入ってくる。

簡素な言葉で、優しく自分を見つめ直すための言葉が、短い文章で書かれている。

この本には今を生きることの大切さが書かれている。

今を生きる「Power of Now」 今年の春からの課題だ。

自分を見つめ直すための108のヒント

「解ること」と「気づくこと」

今年の春先、
あるきっかけが与えられて、
今まで理解できなかったことの幾つかが、
一瞬に「腑に落ちる」という経験をした。

その時、あぁこれが「気づく」ことだなと思った。

解るということとは、どこか頭で理解している。
「わかっちゃいるけどやめられない」という感じ。

しかし、気づくというのは、心に入り込んでしまうので、
「一度気づいてしまったら」後戻りできない気がする。

解るということは、時間をかけて努力すれば達成できるかもしれない。

しかし気づくということは、また違うような気がする。

自分の魂が無意識に追い求めているものが、
何かのご褒美のように、
ふっと自分の心に投げ込まれる。
大きな存在からのプレゼントのようだ。

解るというのは、時間がかかるが
気づきは一瞬にやってくる。

人生の中で気づきを得ることはあまりないだろう。

今年の春先に得たものは、最初ささやかな気づきのような気がしたが、
時間を経て段々と大きな存在になっていった。

気づきはきっと、求めても得ることができないのだろう。
しかし、いつ気づきが与えられても良いような、そんな生き方をしていたいと思った。

r0011183